0

使用済み切手の第二の人生

使い終わった切手はもう用済みで、そのままゴミ箱行きかと思いきや、まだまだ役に立つことがあります。
使用済み切手を募集している慈善団体はNPOなどが数多くあります。

そんなものどうするのだと思われるかもしれません。
もう使えない切手じゃないか。
おっしゃるとおり、ごもっとも。

しかしながら切手にはコレクターと呼ばれる人たちが数多くいて、そういう人たちが使用済み切手をお金を出して買い求めます。
そのお金が、慈善事業に使われたり、寄付されるという具合です。

切手やコインを扱っているお店に行った人なら目にしたことがあるかもしれません。
店頭で1袋300円とか500円でたくさん切手の入ったパック商品が売られています。

ビニル袋の表から見えるのは、記念切手などちょっと珍しいものですが、買ってかえって開けてみると隠れて見えなかったところは、多くがありふれた使用済み切手。そういう商品が売られています。
切手コレクションの初心者ですと、まずは質よりも量を重視して集めますから、使用済みの切手であってもこれで充分に満足です。

それに、切手の収集家は日本国内だけとは限りません。外国であれば、日本のありふれた切手も普段あまり目にしない外国切手ということで、日本国内よりもめずらしがられることでしょう。日本の切手は、普段使われるなんということのないものであっても、諸外国に比べると図柄色合いが美しく、きっと初心者コレクターにも喜ばれるだろうと想像されます。

同じように、日本でも外国切手が安くパック詰めで売られています。これも海外各国で集められた使用済み切手です。それが切手商のネットワークに乗って、世界各国で売られているのです。
ありふれた使用済み切手が、未使用切手よりも価値がでることもあります。
使用済みと未使用の違いといえば消印です。この消印を集めるコレクターだっているのです。

日本全国全ての郵便局の消印を集める人もいるでしょうし、郵便局によっては凝った図柄の消印が使われます。
観光地の郵便局ですと「風景印」というご当地消印があり、これを専門に集めるコレクターも存在します。
たとえば、JR東京駅構内のポストに投函すると、東京駅のデザインの消印が押されますし、観光地では窓口で郵便を出すと風景印を押してくれることもあります。
そんな消印を現地へ足を運ばずに集めるためには、この使用済み切手のまとめ買いが便利というわけです。

さても面妖なコレクターの世界とつくづく思うものですが、コレクターあってこそ使用済み切手が生きてくる。
こんな具合に使用済みの切手にも第二の人生があって、人のため、世の中のお役に立っているのです。